【アドセンス運営注意】自己クリックだけではない!自分のサイトを繰り返し開いて広告を表示させると無効なインプレッションになります!

こんにちはしょうです。少し前にグーグルアドセンスから 「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました 」といったメールが送られてきました。広告の配信制限が行われた理由は、自分で自分のサイトの広告をクリックしたりサイトのユーザーにクリックを促したりクリックを依頼したりする行為で無効なトラフィックとみなされたことによるものです。

少しショックでしたが、落ち着いて思い当たる節がないか確認してみました。

スポンサーリンク

自己クリック

自分のサイトの広告をクリックした覚えは全くないので、これについては該当なしで行きます。

身内によるもの

ブログをやっていることを家族に伝えていないのでこれも該当なしです。

アドセンス狩り

悪意のあるユーザーが何度もクリックしてアカウント停止に追い込むというアドセンス狩りについてですが、グーグルアドセンスとグーグルアナリティクスの連携をしていなかったのでデータが取れず不明です。アドセンスのレポートではクリック数が一気に増えていなかったのでアドセンス狩りは考えないでおこうと思います。今はアドセンスとアナリティクスの連携をしておいたので様子を引き続き見ていきます

自分のサイトの見過ぎ

AdSense 広告は自己クリックするのはもちろんのこと、広告が掲載されたページをご自身で何度も表示させる(過度にインプレッションを発生させる)こともポリシー違反となり得ます。

引用元:Adsenseヘルプ https://support.google.com/adsense/thread/11538985?hl=ja

このことから自分のサイトの見過ぎではないかと考え、アドセンス収益が突然急上昇した日にちとブログ記事公開日を確認したところ、なんと一致していたことが分かりました。思い返せば記事公開前のプレビューを見るとき、挿入したリンク先のページがちゃんと表示されるか何度もページを表示させて確認していたことを思い出しました。ということで犯人は自分でした。

最後に

無効なトラフィックの原因は自分のサイトを何度も見てしまうことが原因である可能性が高いことが分かりました。現在は、自分のサイトの閲覧を避けるようにしています。アドセンスのレポートを見ると再び広告が表示されるようになりました。同じように無効なトラフィックで広告配信制限になった場合は、落ち着いて一つ一つ確認してみてください。自分のサイトを何度も閲覧することは避けましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です