大学行っても無駄だったと社会人になって思ったら自分の将来を真剣に考えるチャンスです

こんにちはしょうです。社会人になって振り返ってみると大学で学んだことは何だったんだろうと思ってしまいます。

教授自身も「大学で学んだ学問の知識のほとんどは社会では役に立たない」と言っていました。

大学で学んだことを活かせるかどうかは本人次第といいますがそれが難しいです。

大学行っても無駄だったのではないかと思ってしまうのは

自分の将来について真剣に考えなかったこと

世間体や周りの意見に流されてしまったこと

が原因です。

大学生活は楽しかったし大学時代があって今の自分があるので大学のすべてを否定するつもりはありません。大学卒でないと就職活動で不利になることもあるのでそういった意味では100%無駄だったということはありません。

社会人になった今でも遅くありません。

自分はどうしていきたいのか

今のままでいいのか

今できることはないかなど

休日暇な時でいいので自分に問いてください。

世間体や周りの目を気にしない強い意志をもつことも大切です。

学費を払ってくれた親に感謝しましょう。

今回は特に有益な情報もなく偉そうなことを書いてしまいましたが、

大学で学んだことは何だったのだろうと思ってしまった人は参考になればと思います。

スポンサーリンク